思春期の早漏とダポキセチンの処方

ダポキセチンはSSRIという抗鬱剤の成分を利用した薬なので思春期の青少年が服用すると脳が未発達なために興奮しすぎるなどの異常行動の原因になるとされているので、基本的には処方されることはありません。ダポキセチンなどのSSRIはセロトニンの受容体に作用することで不安な気持ちを和らげる効果がありますが、射精が遅くなるという副作用があることから、早漏治療に利用されるようになりました。思春期の早漏は男性にとっては重要な事柄ですが、精神状態が安定していない年齢なので、セックスに対する過剰な期待などから早漏になることがあります。対処法としてはリラックスをしてセックスをすることや、亀頭部分の感覚を鈍らせる塗り薬を使用することもできます。ダポキセチンのようなSSRIは思春期の青年にはリスクが高いので医療機関では処方されることはありませんが、インターネットなどで入手することは可能です。医療機関で処方されない薬を個人輸入で手に入れて服用するのは非常にリスクが高いので、亀頭の表面の感覚を鈍らせる薬を優先して使用する必要があります。早漏の原因は基本的にはストレスなので、数ヶ月で改善することもありますが、長引いた場合には医療機関を受診して薬の投与をする必要があります。根本的な治療としては不安を取り除くための認知行動療法や心理カウンセリングなどが有効とされていて、精神的に安定することでセックスに対する恐怖心や過度な期待がなくなるので、リラックスをしてパートナーとのスキンシップを楽しむことができます。ダポキセチンは早漏を一時的に改善できますが、長期間服用と続けなければ効果がないので、コストパフォーマンスが良くない可能性があります。