ダポキセチンの薬局での処方と暴発

ダポキセチンは勃起状態を作り出して維持をすることが出来る薬ですが、効果が高いので暴発をすると長時間勃起状態が維持されてしまうことがあります。暴発を抑えるためには使用量を調整することが必要なので、10ミリ錠を服用したり、ピルカッターで錠剤を半分にすることで症状の暴発を防ぐことができます。ダポキセチンはジェネリック医薬品なので薬局で手に入れるよりもインターネットで購入する人が多くなっていて、安全性も高いので、EDに悩む多くの男性が個人輸入を利用してダポキセチンを入手しています。薬局では基本的には開発メーカーによって製造された薬が処方されるのですが、価格が1錠あたり2000円程度するので、安価なジェネリック医薬品をインターネットで手に入れる人が増えています。また勃起改善薬は薬局で受け取るのに抵抗があるので、院内処方されることもありますが、人に知られたくない病気なので個人輸入を利用して手に入れる人が増加しています。ジェネリック医薬品を個人輸入で注文するときの注意点としては、インドなどの新興国で製造された薬の中には有効成分が含まれていないものが混入している可能性があるので、正規メーカーから直接購入している業者に依頼をすることや、有効成分に関する検査を定期的に行っている業者に注文をすることが重要で、価格が安すぎる場合は注意をしなければなりません。アメリカなどのように薬に関する規制が厳しい国のメーカーは安全性が高いので安心して使い続けることができますが、新興国の場合は日本では使用禁止になった着色料や添加物が含まれていることがあるので、価格だけでなく工場の場所や経由地などに注目をして慎重に選ぶ必要があります。