ダポキセチンの効果と高齢者の早漏の症状

ダポキセチンは高齢の男性に処方をすると副作用が強く出る可能性がありますが、定期的に検査をして肝臓の働きなどを調べることで安全に使用することができますが、高齢者の早漏の症状に関しては精神的な不安やストレスが原因となっている場合が多いので、ダポキセチンによって早漏やEDの症状を改善することができます。ダポキセチンは脳が興奮しにくくなるので落ち着いた気持ちでセックスをすることができるので、EDの症状を改善するのに効果的なのですが、とくに早漏に関しては射精を遅らせる効果があるので、高齢になったことで射精の時間が短くなった場合には効果的に作用します。SSRIの薬は継続して服用をすることでうつ病にも効果がありますが、セックスの時だけ服用する場合には射精を遅らせる作用しか期待できません。またうつ病や不安症を治療する場合には他のSSRIの薬を服用するので、ダポキセチンを早漏以外の病気に投与することはあまりありません。ダポキセチンを服用すると脳が興奮しないので、亀頭の感覚が鈍くなるので、射精をするまでの時間が2倍から3倍になりますが、人によっては効果が出すぎてしまって、なかなか射精ができなくなることがあるので、注意をしなければなりません。勃起改善薬と同時に服用するのも効果的で、勃起状態を維持するとともに射精を遅らせるので、セックスを十分に楽しむことができます。高齢者の場合は勃起を維持するのが難しいので、勃起改善薬を服用する男性が増えていますが、動脈硬化や糖尿病などの人は医師に相談をしてから服用しなければなりません。また他の薬との飲み合わせの問題もあるので、日常的に多くの薬を服用している高齢者は注意が必要です。