ダポキセチンで3倍挿入時間が延びる?

ダポキセチンは早漏治療薬として用いられていて、脳の興奮状態を抑える効果があるので、射精するまでの時間を2倍から3倍にすることができます。
SSRIはうつ病などの治療に用いられる薬ですが、セロトニンに働きかけて不安や緊張を抑えるので、セックスをするときの興奮を弱めることができます。
この薬は副作用として射精障害があったのですが、それを早漏治療に利用しているので、ダポキセチンを服用すると多くの人が射精までの時間が長くなります。
しかし正常な人がダポキセチンを服用すると挿入している時間が長すぎて勃起を維持できなくなるので、ダポキセチンとバイアグラを併用する場合もあります。
世界的にも人気のある薬ですが、早漏治療のために服用するよりも長時間セックスを楽しむのを目的として服用するほうが多いとされていて、インターネット個人輸入代行業者などを利用して安い価格でジェネリック医薬品を手に入れる人が多くなっています。
問題点としては未成年が服用すると脳が未発達なために極度の興奮状態になることがあるので、必ず20歳以上の成人が服用しなければなりません。
また毎日服用を続けていると断薬時に頭が痺れたり、目眩や立ちくらみを感じるので飲む量を少しずつ減らさなければなりません。
注意点としては精神科や心療内科などでSSRIの薬を処方されている場合には脳の同じ部分に作用することで過剰摂取になるので、自分が服用している薬の中にSSRIの成分がある場合にはダポキセチンを服用することはできません。
また他のSSRIでも同様に射精障害が起きるので、ダポキセチンを服用する必要性がありません。
人によってはダポキセチンの服用で射精が遅くなりすぎる場合がありますが、効果が切れれば元に戻るので心配ありません。

ダポキセチンは塗り薬より効き目あり

ダポキセチンはSSRIの薬で服用することで脳に直接作用するので、不安や緊張を軽減して、射精時間を長くすることができますが、この薬は基本的にはセックスの一時間前に服用すると効果が高くなるとされていて、セックス時の興奮を抑えて挿入時間を長くすることができます。
しかしダポキセチンの効果は24時間程度あるので、1日1回服用することで効果を持続することができます。
早漏に用いられる塗り薬は男性ホルモンや局所麻酔薬が配合されていて、短時間の効果しかないので、挿入する直前に亀頭周辺に塗らなければならないので、パートナーとのコミュニケーションを必要とします。
また塗り薬を使用するとオーラルセックスのときに女性の口腔内に入って苦味を感じることもあります。
ダポキセチンはセックスの直前に飲む必要がないので、パートナーに知られることなく使い続けることができます。
1錠あたり2000円程度で販売されていて、インターネットでもジェネリック医薬品を購入することができますが、世界的にも人気のある薬なので入荷待ちになることもあります。
ダポキセチンはバイアグラなどの勃起治療薬と服用することで、勃起を維持する時間が格段に長くなることから人気となっていて、どちらの薬も作用が全く違うので同時に服用しても全く問題がないので、多くの男性が併用しています。
ダポキセチンはSSRIの薬なのでうつ病やパニック障害の治療薬としては認められていますが、早漏の治療をする目的で開発されたものではないので、毎日服用していると射精までの時間を長くするだけでなく、うつ病やパニック障害の改善にも役に立ちます。
この薬は長く服用をしていると断薬症状が出るのがデメリットで、脳が痺れるような感覚になることがあります。

ダポキセチンは副作用が軽い

これまで早漏症で悩む男性でダポキセチンの成分が配合された薬を服用しているという人も多いかと思います。
ダポキセチンはヨーロッパの多くの国々で早漏治療に良いとされ国で認可されており、配合された医療薬が多く普及しています。
現在では早漏予防のために服用する男性が多いダポキセチンですが、以前はうつ病患者が抗うつ剤として服用する薬の成分として知られていました。
しかしこのダポキセチンが配合された抗うつ剤を服用していた多くの男性患者から射精が遅くなるという報告を受け、現在のように早漏に対する薬の開発がされるようになりました。
このダポキセチンは正しい用法・用量を守れば比較的安心な成分ですが、副作用が軽い成分として知られています。
しかしその副作用で生じる症状は多く、個人差はありますが一部のケースでは重症になる場合もあります。
その症状の内容としては吐き気やめまい・頭痛に下痢などが挙げられ、じんましんや疲労感・不眠といったものまで症状はさまざまです。
これらの副作用は通常であれば1時間程度で治るといわれていますが、万が一症状が悪化していくのであれば処方してもらった医師に必ず相談して対応してもらうようにしましょう。
用法・用量の誤った使用によって副作用が生じる場合もあり、ダポキセチンを服用する際にはいろいろ注意が必要になってきます。
その一例として、ほかに常用している薬との飲み合わせが悪かったために身体に悪影響が出てしまったというケースもあり、医師に現在の状態を詳しく相談した上で服用するようにしましょう。
以上のことからダポキセチンの服用による副作用が軽いからと過信せずに利用する際には適切な服用をするようにしましょう。
■早漏改善だけじゃない!
スーパーPフォース
■こちらのお薬もおすすめです
プリリジー
■やっぱり早漏改善は通販で解決
タダポックスを通販で買う
■男らしくいるために
早漏でごめんなさい!をもう言わないで済む方法